海外挙式の手配はどうする?P会社・旅行会社・個人どれがいい?

こんにちは。リゾートカフェ管理人のみこたんです。

憧れの海外挙式をすることにしたけれど、申し込みや打ち合わせはどうすればいいの?と最初は分からないことだらけですよね。

今日はそんな方のために、海外挙式の手配について、お届けしたいと思います!

スポンサーリンク

海外挙式の手配には、主に3つの方法がある

海外挙式の手配には、主に3つの方法があります。

P会社(プロデュース会社)を通して手配する

旅行会社を通して手配する

③現地に直接個人手配する

ほとんどのカップルは①または②で手配すると思いますので、今回はこの2つを中心にご紹介したいと思います。

①P会社(プロデュース会社)を通して手配する

P会社とは、海外挙式をプロデュースしている会社のことです。P会社ごとに、運営しているチャペルが異なるため、気に入ったチャペルを運営しているP会社を選びましょう

大手P会社の場合、国内サロンと現地サロンがあり、事前の打ち合わせや衣装合わせなどは全て国内サロンで行うことができます。打ち合わせ内容は現地サロンに共有されているので、ほとんどの場合は現地到着後は挙式前日に打ち合わせをするのみで、あとは当日、本番を迎えるだけ!

挙式を直接運営している会社でプランナーに相談できるので、細かなことにも対応してもらえますし、パック内容だけに捕らわれることなく、融通が利くのが魅力。

費用は高くなってしまうかもしれませんが、ドレスの持ち込みの相談や、ブーケのアレンジ、こだわりのアフターパーティを行うこともできます。

以上から、P会社はこだわりたい方におすすめです。

②旅行会社を通して手配する

旅行会社を通しての手配で魅力的なのは、やはりお値段です。旅行と挙式(P会社と提携)があらかじめパックになっているので、お得に海外挙式ができる場合が多いです。窓口が旅のプロである旅行会社なので、同行者が多い場合のホテル選びや現地情報、時期(雨季・乾季など)については安心して相談できます。また、複数のP会社と提携しているため、たくさんのチャペルの中から選択することができます。

打ち合わせについては、旅行の打ち合わせは旅行会社、挙式の打ち合わせはP会社へ行く必要があります。注意したいのは、あらかじめパックになっているため、挙式に関する細かなアレンジができないところ。ただし、ある程度の選択はできるので、強いこだわりがなければ問題ない程度であると思われます。

以上から、旅行会社はお得に海外挙式がしたい方、旅の相談を重視したい方におすすめです。

③現地に直接個人手配する

P会社、旅行会社への手配の他には、現地に直接個人手配をする方法があります。現地の言語で申し込みや交渉が可能なら、費用はかなり抑えられるかもしれません。

ただし、意思疎通に苦労する可能性があること、メイクや衣装の好みが国々で異なること、日本の会社ほど細かなサービスではないことは覚悟して選択した方がいいかもしれません。

まとめ P会社 VS 旅行会社

多くの方は、P会社か旅行会社で悩まれるかと思います。私もそうでした!

それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

P会社

【メリット】

・チャペルを運営している会社と直接打ち合わせをするので、細かなアレンジができ、融通も利く

・現地への要望伝達もスムーズ

【デメリット】

・旅行会社より費用が高くなりやすい(その分選択肢は増える)

・旅行は自分で手配しなくてはならない

・契約したP会社が運営するチャペルしか選択できない

旅行会社

【メリット】

・旅行と挙式がパックになっているので、お得になることが多い

・旅行の相談ができるので、同行者が多い場合や旅行に不安がある場合などに心強い

【デメリット】

・あらかじめパックになっているので、挙式についての細かなアレンジは難しい

・旅行会社とP会社の両方に打ち合わせに行く必要がある

私たちの場合は、両方に説明を聞きに行き、特にこだわりが強い方でもないので、最初は費用を抑えられる旅行会社手配にしようと思っていました。しかし、ハワイ挙式かグアム挙式かなかなか決めきれなかったので、最終的には、途中で行き先を変更してもよいと言ってくれたP会社にしました。(旅行会社は旅行とパックになっているので、行き先は変えられませんでした。)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

素敵な海外挙式を行うための第一歩は、手配会社選び。お店の雰囲気やプランナーさんとの相性もあるかと思うので、実際に行ってみて決めてもいいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です