トランプ大統領のコロナ陽性は嘘?パフォーマンス疑惑浮上の理由とは!?

2020年10月5日、新型コロナウィルスに感染して入院していたアメリカのトランプ大統領が、退院しました。

感染判明は10月1日で、10月2日に入院したばかりですが、公の場に元気そうに姿を見せたトランプ大統領。

「大統領選でコロナに勝ったとアピールするためのパフォーマンスでは?」

「コロナ陽性は嘘では?」と話題になっています。

今回は、トランプ大統領のコロナ感染~職務復帰について、まとめました。

スポンサーリンク

トランプ大統領がコロナ陽性!

2020年10月2日にツイッターで、自身と妻が新型コロナウィルスに感染したことを発表したトランプ大統領。

感染判明は10月1日で、10月2日に高熱、夕方から入院し、世界中が大騒ぎとなりました。

大統領夫妻の感染前には、側近のホープ・ヒックス氏の感染が判明していました。

その後も、ホワイトハウス内での感染が次々と確認されました。

トランプ大統領は74歳で高齢であることから、心配されていました。

スポンサーリンク

トランプ大統領 あっという間に退院!

しかし、入院からわずか数日後の10月5日に退院したトランプ大統領。

感染判明からも5日目です。

入院中は、抗ウイルス薬レムデシベルや、未承認の抗体治療薬も使用したようです。

報道では心配の声もありましたが、退院後すぐに公の場に登場し、元気をアピールしたトランプ大統領。

ツイッターでは、自身の動画も公開しました。

スポンサーリンク

あまりの回復に早さに「嘘」「パフォーマンス」の声!?

74歳の高齢で、入院までしたにもかかわらず、元気に退院したトランプ大統領。

しかも、感染から数日、まだ人に移す可能性も高い時期の登場。

国内では批判も出ているようです。

この元気な姿に、日本でも、「本当はコロナにかかっていないのでは?」「大統領選に向けて、コロナに打ち勝ったというパフォーマンスのための嘘なのでは?」と話題になっています。

スポンサーリンク

一方で、「肩で息をしている」「本当は無理している」との声も

一方で、本当はまだしんどいのに、「自分(アメリカ)はコロナに打ち勝った」というアピールのために無理をしているのでは、という意見もありました。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

アメリカ大統領の新型コロナウィルスに感染。

外交の観点からも、選挙の観点からも、大変話題となりました。

何はともあれ、元気に回復されたのなら、よかったですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です