シムウンギョンは日本語も演技も凄い!松坂桃李も大絶賛で日本アカデミー賞受賞

2020年3月6日の第43回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョンさん。

映画「新聞記者」で松坂桃李さんとW主演でした。

松坂桃李さんも最優秀主演男優賞を受賞しましたから、ダブル受賞ですね。

シム・ウンギョンさんは韓国の女優ですが、映画では外国の方だとは思えないほど、自然な日本語です。

今回は、シム・ウンギョンさんの日本語や演技、アカデミー賞受賞について、まとめました。

スポンサーリンク

シムウンギョンのプロフィール

生年月日:1994年5月31日

年齢:25歳(2020年3月現在)

国籍:大韓民国

身長:160.5㎝

日本でも大ヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』にも出演するシム・ウンギョンさん。

9歳の子役時代から活躍しています。

日本では、今回の『新聞記者』以外にも舞台でも活躍しています。

アメリカへの留学経験もあり、いろいろな国で経験を積みたいと思ったそうです。

スポンサーリンク

シムウンギョンの日本語が自然すぎてすごい!

まずは、新聞記者の予告編を見て見ましょう。

予告ではシム・ウンギョンさんの台詞は少なめではありますが、かなり自然です。

 

日本アカデミー賞授賞式では、「撮影現場も通訳なしだった」と松坂桃李さんも絶賛していました。

シム・ウンギョンさんはなぜこんなに流暢に日本語が話せるのでしょうか?

長く日本語を勉強していたのかと思いましたが、なんと「新聞記者」公開(2019年)の2年くらい前から勉強を始めたそうです。

事務所と仕事についての考え方を話した際に日本での活動を決め、日本語の勉強を始めたとのこと。

2年でここまで、しかも撮影シーンだけでなく、現場やインタビューなどでも通訳なしで会話ができるとは、すごいですね。

スポンサーリンク

シムウンギョンの演技力もすごい!「新聞記者」では松坂桃李とダブル受賞!

シム・ウンギョンさんは日本語が流暢なだけではなく、演技力も素晴らしいと評判になっています。

日本アカデミー賞では、撮影前に新聞記者の働く姿を見学に行ったそうですが、「猫背で働いているのが印象的で、そのように演じた」とコメントしていました。

かなり細部まで丁寧な演技をしていることが伺えますね。

その演技力は、松坂桃李さんととも最優秀主演女優&男優賞をW受賞したことからも明らかです。

ネット上でも、話題になっています。

スポンサーリンク

シムウンギョンの日本語や演技力が凄いのは、努力や姿勢?

シム・ウンギョンさんは、過去にインタビューで以下のことを述べていました。

・俳優という仕事は、常に勉強し続けなければならない

・いろいろな作品に挑戦することはもちろん、自分の人生でも、いろんな経験をすることが大事だ

・芝居というのは「ひとりの人間を見せる仕事」

素晴らしいですね。

実力だけではなく、努力の部分もかなり大きいと思います。

日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞受賞挨拶での涙やコメントも感動的でした。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞、最優秀主演男優賞をダブル受賞した「新聞記者」。

シム・ウンギョンさんは、たった2年の勉強での流暢な日本語、外国での演技力、素晴らしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です