小倉ヒラクの大学や経歴は?発酵デザイナーって何?(ソクラテスのため息)

2020年2月12日放送の「ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~」に出演した小倉ヒラクさん。

肩書きは「発酵デザイナー」。

聞き慣れない肩書きですが、一体どのような活動をしているのでしょうか?

今回は、滝沢カレンと共演した発酵デザイナー・小倉ヒラクさんについてご紹介します。

スポンサーリンク

小倉ヒラクの肩書き「発酵デザイナー」って何?

2020年2月12日放送の「ソクラテスのため息」に出演した小倉ヒラクさん。

「知って得する!発酵食品、驚きの情報!」を教えてくれました。

発酵デザイナーとは、一体、何なのでしょうか?

公式ホームページで、小倉ヒラクさんは、以下のように述べています。

発酵デザイナーの定義は、「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにするひと」です。顕微鏡でしか見えない無数の菌たちが織りなすミクロコスモスを、グラフィックにしたり、アニメや歌や踊りにしたり、展示会やワークショップやトークイベントにしたり、「発酵醸造技術の素晴らしさを世に伝えるべし」という小泉武夫先生の薫陶を受けて、日々楽しく活動しています。

(小倉ヒラクさん公式HPから引用)

発酵菌のはらたきをデザインして見えるようにするとは、なんとも驚きの発想です!

とても興味深い世界ですね。

スポンサーリンク

発酵デザイナー・小倉ヒラクの具体的な活動は?

具体的には、何をしているのでしょうか?

小倉ヒラクさんの発酵デザイナーとしての主な活動は以下の通り。

・お味噌やお酒など、発酵醸造メーカーのアートディレクション

・誰にでもできる味噌作りを歌と踊りで伝えるアニメ『手前みそのうた』制作

・発酵ワークショップの開催

・全国各地の醸造家たちと商品開発、絵本・アニメ制作、ワークショップ開催

・書籍『てまえみそのうた』出版(グッドデザイン賞2014受賞)

・発酵ツーリズム(日本各地の醸造家や生産者を訪ね、発酵文化を生で学び、味わうツアー)

なんとなく、わかってきた気がしなくもないですね。

よりイメージできるように、『手前みそのうた』を見てみましょう。

気になった方は、書籍『てまえみそのうた』もこちらから購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

てまえみそのうた うたっておどってつくれる絵本 [ 小倉ヒラク ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/12時点)

 

発酵デザイナー・小倉ヒラクさんは、発酵食品の素晴らしさを教えてくれる方ということですね!

スポンサーリンク

【経歴】なぜ、どうやって、小倉ヒラクは発酵デザイナーになったの?

1983年、東京に生まれた小倉ヒラクさん。

虚弱体質で、中学生まで、夏は母方の田舎・佐賀県の玄界灘で自然の中で過ごしたそうです。

この体験が「生態系に関わる仕事」に、虚弱体質が「発酵大好き」になったようです。

高校の頃、美術大学を受験をしましたが、最終的には早稲田大学文学部へ進学

バックパッカー旅にはまり、ユーゴスラヴィア人の絵描きと出会い、パリで絵描きに明け暮れたそうです。

ここで、「デザイン」と繋がるわけですね。

2008年には、スキンケア会社に就職して、デザインの仕事をスタートします。

その後、2010年に独立。

ここで、意に反して、華やかなデザインとは異なる仕事が。

地方の一次産業や、生態系に関わる研究活動を行います。

そんな折、2011年に起こった東日本大震災で世の中の価値観が大きく変わります。

これまで、目立たない仕事でしたが、興味をもたれるように。

仲間とともに会社を起業し、林業再生や地場産業のリデザインに関わる仕事を多数プロデュースするようになります。

その後、2014年に、再び独立。

東京農業大学の研究生として、醸造学科の穂坂教授に弟子入りし「発酵デザイナー」のキャリアをスタートします。

そして、その頃から、東京から山梨県甲州市の山の中に拠点を移します。

山中で静かな生活になるかと思いきや、様々なメディアの取材が相次ぎ、仕事のオファーが相次ぎ、今に至るようです。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

発酵デザイナーと聞いて、一体何者なのか気になった方も多いのではないでしょうか?

美容にも健康にもいい、発酵食品。

小倉さんの活動にも大注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です