マスクの紐の代用品おすすめ5選!ストッキングやヒートテックも使える?

2020年の年明けから、4月現在も感染が拡大し続けている新型コロナウイルス。

マスク不足もなかなか解消されず、今では紐など手作りマスクの材料さえ、なかなか手に入らないようです。

今回は、手作りマスクの紐がない場合の代用についてまとめました。

また、耳が痛い場合の対策グッズもご紹介します。

【関連記事】新型肺炎でマスクが売り切れたら!?どこで買える?代わりの作り方は?

スポンサーリンク

マスクを作りたくても紐がない!そんなときの代用は?

最近では、マスクを作りたくても紐が不足していますね。

そんなとき、紐の代わりになる代用品をご紹介します。

1.ストッキング・タイツ

ストッキングやタイツは、伸縮性がありますね。

また、もともと肌に触れるものなので記事も柔らかく、耳が痛くなりにくいです。

スポンサーリンク

2.ヘアゴム

一見、耳が痛そうですが、ヘアゴムも種類によっては使えそうです。

また、耳が痛くなるヘアゴムしかない場合は、後述の対策グッズもありますので、是非お試しください。

スポンサーリンク

3.ユニクロのヒートテック

ヒートテックも伸縮性があるため、代用になるようです。

こちらも普段は肌に触れるものなので、安心ですね。

スポンサーリンク

4.包帯

包帯も、マスク紐の代用になります。

太めの包帯の場合は、カットするといいですね。

5.紐不要の一体型マスクを作る

そもそも紐を使わない、という選択もあるようです。

スポンサーリンク

マスクで耳が痛い場合の対策グッズ

次に、紐の代用でマスクを作ったけれども耳が痛いとき、また、どんなマスクでも耳が痛くなる方向けに、対策グッズをご紹介します。

繰り返し使用できるものばかりですので、是非お試しください!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

くびにかけるくん カラータイプ緑色
価格:275円(税込、送料別) (2020/4/16時点)

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

アベノマスクが配布されるとはいえ、マスク不足は深刻ですよね。

是非、代用品や耳が痛くならない対策グッズで、マスクを作ってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】新型肺炎でマスクが売り切れたら!?どこで買える?代わりの作り方は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です