新型肺炎でマスクが売り切れたら!?どこで買える?代わりの作り方は?

2020年1月、中国・武漢で発見された新型肺炎(コロナウィルス)が猛威を振るっています。

日本でも、既に武漢に渡航歴がない方が新型肺炎を発症しており、流行の可能性もありそうです。

もしも新型肺炎が流行してしまった場合、マスクが売り切れたらどうすればいいのでしょうか。

今回は、マスクが購入できる場所や、マスクの代わりの作り方をご紹介します。

【関連記事】新型肺炎でマスク売り切れ続出!楽天などネットならまだ買える!?

スポンサーリンク

ドラッグストアでマスクが売り切れていたら?

新型肺炎の影響で、中国では、既にマスクの売り切れが相次いでいるようです。

また日本でも、2009年に新型インフルエンザが流行した際には、マスクの買い占めや売り切れが問題となりました。

そのため、今回の新型肺炎でも、マスクの売り切れが懸念されています。

ドラッグストアでマスクが売り切れていた場合、どうすればいいのでしょうか?

解決方法は、以下の2つ。

・別のところに売っていないか探す

・代わりとなるものを作る

では、一つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

ドラッグストア以外でマスクが買える場所は?

ますは、別のところに売っていないか、探してみましょう。

マスクといえば、真っ先にドラッグストアを思い浮かべますが、他にも購入場所はたくさんあります。

・スーパー(日用品売り場)

・コンビニ

・コストコ

・家電量販店(日用品売り場がある店舗)

・ヴィレッジヴァンガードなど雑貨ショップ(キャラマスクや黒マスクなど)

・ネットショップ(Amazonや楽天など)

・処方箋薬局

・病院

割とどこにでも売っているものですね。

もし近くのドラッグストアで売り切れていても、まずは焦らずに探してみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

どうしても買えない場合は、マスクを作る!?

新型肺炎やインフルエンザが大流行してしまったり、過度な不安をかき立てられて買い占める人が増えてしまうと、売り切れの可能性も高まります。

そうなると、どこに行っても買えない、ということもあるかもしれません。

そんな時には、作るという方法があります。

早速、マスクの作り方について、動画をご紹介します。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

もしもマスクが売り切れてしまったら、とても不安になりますよね。

そんなときは是非、他を探してみるか、作るということを思い出してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】新型肺炎でマスク売り切れ続出!楽天などネットならまだ買える!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です