石原さとみ旦那はゴールドマンサックス証券社員で世帯年収5億円確定?!

2020年10月1日に結婚を発表した女優の石原さとみさん。

お相手は同い年(33歳)の一般男性とのことでしたが、高収入のGS(ゴールドマン・サックス証券)社員であることがわかりました。

今回は、石原さとみさんと旦那さんの世帯年収について、調べました。

【関連記事】石原さとみと結婚相手(旦那)の馴れ初めは?紹介した友人夫婦は誰?

スポンサーリンク

石原さとみの旦那はGS社員(ゴールドマン・サックス証券)だった!

石原さんとお相手の男性は、出会いはこの1年間ほどの間とのこと。

石原さんと同い年(33歳)の一般男性ということです。

結婚報道の記事に、「テレワーク」で「後輩の指導」をしている姿を横で見ていた、という記事がありました。

そのため、お相手は一般の会社員だと言われていました。

しかし、その後、旦那さんはGS社員(ゴールドマン・サックス証券)ということが分かりました。

GS社員と言えば、高収入で有名なエリートです。

これについて、もはや「一般男性」ではないとの声が殺到しています。

【関連記事】石原さとみの旦那の顔画像は?職業は普通の会社員!?テレワークで後輩を指導

スポンサーリンク

石原さとみのGS社員の旦那の年収は!?

石原さとみさんの旦那さんの勤務先が、ゴールドマン・サックス証券株式会社とわかりました。

ゴールドマン・サックス証券株式会社は、外資系金融機関。

証券会社というだけで、高収入が多いです。

そして、外資系というだけでも高収入が多いです。

中でも、ゴールドマン・サックス証券株式会社は、かなりの高収入と言われています。

東大・京大卒でもなかなか入社できない狭き門。

かなりのエリートですね!

そんなGS社員の30代の平均年収は、1500万~2500万円と言われています。

外資系ですから、日本企業と異なり年功序列の考えは薄いので、かなり人に寄って差はでますね。

部署地位、や業務内容によってもかなり差があるようです。

投資家や企業と取引する部署では年収5000万円、

業績がいいと、年収1億円越えもいるようです。

石原さとみさんの旦那さんですから、社内でも稼いでいる方と想像してしまいますね。

スポンサーリンク

石原さとみの年収は?

石原さとみさんの旦那さんだから、やっぱり高収入だったといわれていますが、

石原さとみさん自身、売れっ子なのでかなり稼がれていますよね。

いったい、いくら稼いでいるのでしょうか?

2016年の情報ではありますが、当時、石原さとみさんは年収が高い女優ベスト4位だったようです。

(2016年)

1位:綾瀬はるか(推定 6億5500万円)

2位:有村架純 (推定 5億7000万円)

3位:吉田羊  (推定   4億7700万円)

4位:石原さとみ (推定  4億3800万円)

5位:新垣結衣    (推定  4億3500万円)

 

(引用:https://happinesswords.com/ishiharasatomi/)

石原さとみさんの人気は相変わらずですから、そう変わってはいないはず。

だとすると、4憶円はあると思われます。

スポンサーリンク

石原さとみ夫妻の世帯年収がヤバすぎるw

以上から、石原さとみさんは4憶円、旦那さんは1500万円~1億円。

結婚後の世帯年収は、最低でも4憶1500万円、多いと5億円ということになります。

1500万円でも多いのに、端数に見えてしまうのがすごいですね。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

高収入のGS社員との報道に「やっぱり!」「ただの一般男性ではなかった!」との声がすごかったですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】石原さとみの旦那の顔画像は?職業は普通の会社員!?テレワークで後輩を指導

【関連記事】石原さとみと結婚相手(旦那)の馴れ初めは?紹介した友人夫婦は誰?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です