大阪万博ロゴマークのあだ名がひどい!コロシテくんやキャラメルコーンなどwww

2020年8月25日、2025年に大阪で開催される大阪・関西万博のロゴマークが発表されました。

5894作品の中から選ばれたのは、シマダタモツさん率いるTEAM INARI(チームイナリ)のデザイン。

その特徴的なデザインがネットで話題となり、コロシテくんキャラメルコーンくんなど、あだ名までつけられています。

今回は、大阪・関西万博のロゴマークについて調べました。

スポンサーリンク

大阪・関西万博のロゴマークの概要は?

今回のロゴマークの選考に際しては、8月3日に最終候補の5作品が選ばれました。

その後、意見募集期間を経て、最優秀作品が選ばれました。

選ばれたのは、以下の作品です。↓

丸い円がつながりその中に白と青の円が入り込んだデザインとなっています。

ウィズコロナ・ポストコロナの時代。

「新しい万博」を彩り、「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマで選定されました。

ロゴマークの公募サイトでは、デザインコンセプトとして以下のように発表されています。

踊っている。跳ねている。弾んでいる。だから生きている。大阪・関西万博。1970年のデザインエレメントをDNAとして宿したCELLたちが、2025年の夢洲でこれからの未来を共創する。関西とも、大阪府ともとれるフォルムを囲んだメインシンボルだけでなく、CELLたちは、文字や数字を描きだし、キャラクターとしてコミュニケーションする。自由に。有機的に。発展的に。いのちの輝きを表現していく。

引用:大阪・関西万博ロゴマーク公募サイト

(https://logo.expo2025.or.jp/logo_announcement.html)

スポンサーリンク

ロゴマークのデザインが怖い?ネットの声は?

いのちを輝きをモチーフとした今回のロゴですが、

発表されると目玉のようなデザインで怖いとの声がネットであがっています。

モンスターやバケモノなどロゴマークとは思えない感想が多く見られます。

スポンサーリンク

ロゴマークのあだ名一覧!コロシテくんやキャラメルコーンなど

ロゴマークが発表されると、その特徴的なデザインから様々なあだ名がつけられました。

ここではネット上で見られたロゴマークのあだ名とその由来を紹介いたします。

コロシテ

漫画やゲームなどで非人道的な改造などにより肉塊にされたキャラがつぶやく定番のせりふ「コロシテ」。

そんなセリフを発しそうな見た目から付けられました。

キャラメルコーン

スナック菓子キャラメルコーンのパッケージの目がロゴマークの目の部分に似ていることから付けられました。

メイドインアビス

ファンタジー漫画の「メイドインアビス」。

その中に登場する獣の形を崩した肉塊のような姿をした「ミーティ」というキャラに似ていることから

SCP-066

海外製のフリーホラゲーム「SCP」

その中に出てくる「エリックだけのおもちゃ」ににていることからつけられたようです。

R-TYPE

異次元を舞台としたシューティングゲーム「R-TYPE」。

その中に出てくる敵キャラに似ていることから付けられました。

ポンデリング

ミスタードーナツから発売されているポンデリング。

丸い円をつなげたデザインが似ていることから。

ガラナ

炭酸飲料などの原料となるガラナの実。

見た目がにていることから。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

特徴的なデザインでインパクトを与える大阪・万博のロゴマーク。

他にも何に似ているか探してみるのも楽しそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です