西武・相内誠の生い立ちが壮絶すぎる!?施設で育った経験から希望を与えたいと語っていた

2020年8月20日、埼玉西武ライオンズは、相内誠投手(26)佐藤龍世野手(23)を、

球団が定めた自粛期間に、道路交通法違反を起こしたとして、処分したことを発表しました。

相内選手については、不祥事は今回で3回目

相内選手は、施設での生い立ちから、偏見をなくしたいと言っていたことでも有名です。

今回は、相内選手の過去と今回の3回の素行不良の内容と、壮絶な施設での生い立ち、ファンの声について、まとめました。

【関連記事】相内誠がまた不祥事!!3回の素行不良の内容がDQNすぎたww

スポンサーリンク

相内誠・3回目の不祥事!「施設出身者の偏見なくす」と言っていたのに…

相内選手は、家庭の事情で中学生時代、施設で育ったそうです。

そのため、「施設出身者への偏見を無くしたい」と話していました。

しかし、実際には、3回の不祥事をおこして何度も処分を受けています。

1回目:ドラフト指名後、入団前の無免許運転&スピード違反

2回目:その約1年後に未成年飲酒&喫煙

3回目:コロナ自粛期間中に、佐藤野手とスピード違反

ここまで何度も不祥事があると、素行が悪いというレッテルが貼られてしまいますね。

いったい、どんな生い立ちだったのでしょうか?

スポンサーリンク

相内誠選手の生い立ちが壮絶すぎると話題に!?

相内誠のプロフィール

まずは、相内選手のプロフィールを見てみましょう。

名前:相内 誠(あいうち まこと)

生年月日:1994年7月23日

年齢:26歳(2020年8月現在)

身長:185㎝

出身地:千葉県

スポンサーリンク

相内誠の生い立ち

小学校4年生から野球を始めました。

中学時代は、軟式野球部に所属。

しかし、家庭の事情で中学校時代は、児童養護施設で過ごしました

2012年10月25日放送の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう〜夢を追う母子の壮絶人生運命の瞬間生中継」で特集されていました。

千葉県の児童養護施設「望みの門かずさの里」で育ったようです。

施設に入るに至った詳しい内容は、語られていませんでした。

その後、当時の千葉国際高等学校で、野球に励みます。

2012年10月に行われたドラフトで、西武に2巡目で指名されました。

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

相内選手の複雑な過去。

素行不良を直して、今後、活躍してもらいたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】相内誠がまた不祥事!!3回の素行不良の内容がDQNすぎたww

【関連記事】相内誠はクビ決定!?ふざけたインスタに後輩・佐藤有罪がヤバすぎる

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です